借金の支払い方について

返済を含める利用手順を理解して賢く借りる

借金の支払い方について

キャッシングでお金を借りた後に一度でも返済遅延を起こすと、最低でも5年間に渡り金融的な影響が有ります。借り入れをした際に信用情報機関に情報が残るのが、規定により5年間は情報が残るシステムになっています。

 

返済遅延等の金融事故を起こした場合は、最低5年間は記録が残り新規に借り入れる事や、新しくカードローンの契約等が難しくなります。お金を貸す側にしては当然の措置で、金利が高いとはいえ担保も取らない貸し付けで金融事故を起こされると、利益率が下がり企業収益にも大きな影響を及ぼします。

 

ただ貸す側としても一生貸さないわけではなく、規定の5年間を過ぎると新たなローンも組めるようになります。懲罰ではないのですが、金融事故を繰り返されると収益構造に狂いが生じるので、ある程度の期間お金を貸さないのはしょうがない部分が有ります。

 

カードローンやキャッシングのように用途を問わない短い期間での貸付だけに影響が有るわけでななく、自動車ローンや教育ローンや住宅ローンにも影響が及びます。起こしたくて変死遅延をしていないことは重々分かりますが、影響が及ぶ範囲を考えますと返済遅延等の金融事故を起こさない事が、将来借りるかもしれないローンにもいい影響を与えます。

サイトマップ